ここから本文です

<ジップライン>スキー場で空中散歩が人気

8/14(月) 8:17配信

毎日新聞

 木の間に張られたワイヤロープを滑車で滑り降りるアトラクション「ジップライン」が、スプリングバレー泉高原スキー場(仙台市泉区)に登場し、連日親子連れらでにぎわっている。10月29日まで。

 ジップラインはチャレンジライン(長さ61メートル)やオーシャンライン(同134メートル)など7コースある。晴れた日は、宮城県石巻市や女川町から太平洋まで望むことができる。親子で参加した東京都の小学6年、前川綾菜さん(11)は「長いコースは風が感じられて楽しかった。輪投げに挑戦するコースでは、輪投げに成功して良かった」と笑顔を見せた。

 子ども向けのボルダリングや、巨大風船で水上歩行する「アクアチューブ」などのアトラクションが用意されているほか、バーベキューコーナーもある。問い合わせはスプリングバレー泉高原スキー場(022・379・3755)。【升谷志摩】

最終更新:8/14(月) 8:21
毎日新聞