ここから本文です

Microsoft、CIツール「Jenkins」向けのAzure App Serviceプラグインを公開

8/14(月) 8:25配信

@IT

 Microsoftは2017年8月8日(米国時間)、オープンソースのCI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)/CD(Continuous Delivery:継続的デリバリー)ツール「Jenkins」向けAzure App Serviceプラグインを公開した。

 このプラグインによって、Azure Web Appsへ継続的にデプロイするネイティブ機能をJenkinsに付加できる。これまでのようにJenkinsと一緒に「Visual Studio Team Services」を使うか、このプラグインを使ってクラウドアプリケーションやサービスのデリバリーを行うかを選択できるようになる。

 Azure Web Appsは、.NET、Node.js、PHP、Python、Javaを使ってリッチなWebサイトやWebアプリの作成、デプロイ、管理を行えるサービス。自動スケール、負荷分散、高可用性、自動パッチ管理などの機能を提供する。なお、Linux向けのDockerコンテナでクラウドアプリケーションをネイティブに実行するオプションを提供する「Web App on Linux」のパブリックプレビューも公開されている。

 Jenkins向けのAzure App Serviceプラグインは、Azure Web Appsへ以下のようなデプロイをサポートしている。

・GitとFTPによるWeb AppとWeb App on Linuxへのデプロイ
・DockerによるWeb App on Linuxへのデプロイ

 Microsoftでは「Azure Functions」へのデプロイのサポートも計画中としている。

○Azure Storageプラグインもアップデート

 併せて、Azure Storageプラグインもアップデートされた。パイプラインサポートについて、Jenkins向けのAzure Storageプラグインはバージョン0.3.6から、ビルドアーティファクト(成果物)をアップロードおよびダウンロードするためのパイプラインコードに利用できるようになっている。アップロードとダウンロードそれぞれのサンプルシンタックスは以下の通り。

□□
・アップロード
azureUpload storageCredentialId: '<credentials id>', storageType: 'blobstorage',
containerName: '<container>', filesPath: '<files in glob pattern>', virtualPath: '<remote path>'
□□

□□
・ダウンロード
azureDownload storageCredentialId: '<credentials id>', downloadType: 'container',
containerName: '<container>', includeFilesPattern: '<files in glob pattern>', downloadDirLoc: '<local path>'
□□

最終更新:8/14(月) 8:25
@IT