ここから本文です

【スペインスーパーC】Cロナ 勝ち越しゴール後に退場処分

8/14(月) 11:43配信

東スポWeb

【スペイン・バルセロナ13日(日本時間14日)発】スペインスーパーカップ第1戦が行われ、昨季リーグ戦覇者のレアル・マドリードが敵地で同スペイン国王杯王者のバルセロナに3―1で先勝。FWクリスチアーノ・ロナウド(32)が勝ち越しゴールを奪ったものの、直後に退場処分を受ける大荒れの展開だった。

 ネイマールが抜けたバルサはFWリオネル・メッシ(30)とFWルイス・スアレス(30)を中心に攻め立てたが決定力を欠いた。対するレアルはC・ロナウドがベンチスタート。それでも1―0でリードした後半13分から出場し、同32分にメッシのPKで追いつかれながらも、同35分に豪快なミドルシュートを決めて突き放した。

 だが、C・ロナウドはその後2分間で2度の警告を受けてまさかの退場。チームは同45分に加点して逃げ切ったが、伝統の「クラシコ」は今季も一筋縄ではいかない試合となりそうだ。

最終更新:8/14(月) 11:43
東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報