ここから本文です

傑作サイバーパンク小説「ニューロマンサー」が「デッドプール」監督で映画化!

8/14(月) 13:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] サイバーパンクのパイオニアとして知られるウィリアム・ギブスン氏のSF小説「ニューロマンサー」を、「デッドプール」で長編監督デビューを果たしたティム・ミラーが映画化すると、米Deadlineが報じた。

 1984年に出版された原作小説は、ハイテクの汚濁の都“千葉シティ”に住む、落ちぶれたハッカーのケイスが、アクセスを禁じられた電脳空間へ再び入るチャンスをかけ、危険な仕事を請け負うという物語。「攻殻機動隊」や「マトリックス」に大きな影響を与えたとも言われている。

 映画化権を持つ米20世紀フォックスは、ミラー監督に同作の映画化を依頼。「デッドプール」や「X-MEN」シリーズの脚本家でプロデューサーのサイモン・キンバーグが製作を務め、ミラー監督とともに企画開発に取り組む。

 ミラー監督は、「デッドプール2(仮題)」の監督をクリエイティブ面での意見の相違を理由に降板。目下、ジェームズ・キャメロン監督と「ターミネーター」シリーズのリブートを準備中で、2018年のクランクインを目指しているという。その他、ダニエル・スアレース氏のサスペンス小説「Influx」の映画化企画などを抱えている。

最終更新:8/14(月) 13:00
映画.com