ここから本文です

テニス=ロジャーズ杯、ズベレフがフェデラー下し今季5勝目

8/14(月) 10:46配信

ロイター

[13日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップ(杯)は13日、モントリオールで男子シングルス決勝を行い、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(20、ドイツ)は第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6─3、6─4のストレートで下し、優勝。今季5勝目、グランドスラムに次いで格の高いマスターズ1000の大会では2勝目を飾った。

第1セットをわずか30分で制したズベレフは、第2セットの序盤、フェデラーに3本のブレークポイントを握られるが、これを全てセーブ。第7ゲームから失速したフェデラーを一気に押し切り、トータル1時間8分で決着をつけた。ズベレフのブレークポイントセーブ率は100パーセントだった。

ズベレフは表彰式で「ロジャーは私にとって偉大なアイドルだった。この勝利は特別なものだ。彼にマスターズ1000という大会で勝利したことは素晴らしいことだ」と話した。

最終更新:8/14(月) 10:46
ロイター