ここから本文です

ポケモンGOの激レア「色違いピカチュウ」をゲットする方法 進化したらどうなる?

8/14(月) 11:09配信

ITmedia LifeStyle

 「ピカチュウ」が横浜みなとみらいエリアをジャックするイベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」が、8月9日から8月15日まで開催されています。

写真:「色違いピカチュウ」入手から「色違いライチュウ」進化まで

 横浜市とポケモン社が協力して開催するこのイベントも2017年で4回目。期間中は1500匹以上ものピカチュウが大量発生し、無料のショーやパレード、グリーディングなどが楽しめます。

 2016年はこのイベントで「Pokemon GO(ポケモンGO)」関連のプログラムは実施されませんでしたが、今回はポケモン社と米Nianticが共同で「Pokemon GO PARK」と「Pokemon GO STADIUM」を開催。連日多くのポケモントレーナーでにぎわっています。

 赤レンガパークとカップヌードルミュージアムパークが会場となるPokemon GO PARKでは、通常は欧州限定の「バリヤード」や出現率が非常に低い「アンノーン」といったレアポケモンが続々と現れ、普段とは違うポケモンがレイドバトルに登場(ピカチュウも!)するなど、連日大盛況です。

 ただ、あまりの混雑ぶりに周辺の交通や通信環境に影響が出たせいか、10日にはレアポケモンがみなとみらいエリア全域で出現するようになり、12日からはPokemon GO PARK限定のポケモンがバリヤードのみとなっています。

 つまり、バリヤードさえゲットすれば混雑しているPokemon GO PARKにとどまる必要はなく、みなとみらいエリア一帯でレアポケモンを捕まえられるようになりました。

 なお、Pokemon GO STADIUMは横浜スタジアムで14日午後6時に開催される一夜限りのイベントで、抽選で当選したプレイヤーのみ参加できる特別なイベントとなります(既に応募終了)。

●大量発生しているピカチュウをよく見てみると……

 イベント期間中のみなとみらいエリアでポケモンGOを起動すると、バリヤードやアンノーンといったレアポケモンに混じって、ピカチュウも大量発生していますが、ここに未発表のシークレットなポケモンが潜んでいると話題になっています。

 それは「色違いピカチュウ」です。

 原作の「ポケットモンスター」(携帯ゲーム機用)では、非常に低確率で色違いのポケモンが登場することがあります。ポケモンGOでもこの要素を採用し、2017年3月には先行して「金のコイキング」と「赤のギャラドス」という2種類の色違いポケモンが現れるようになりました。

 今回はピカチュウ大量発生のイベントに合わせて、色違いのピカチュウが加わったというわけです。実際に編集部でも運よく色違いピカチュウをゲットできたので、その一部始終を紹介しましょう。

●「色違いピカチュウ」をゲットするまで

 マップビュー(いわゆるフィールド画面)では、色違いピカチュウも通常のピカチュウと同じ姿で表示されるので、見分けることができません。通常のピカチュウだと思って見逃さないように注意が必要です。

 画面上のピカチュウをタップすると、きのみやボールを投げるポケモン遭遇画面に切り替わります。ここで色違いピカチュウだった場合、星がキラキラ輝く特別なエフェクトとともにその正体を現します。マップビューでタップして初めて色違いかどうか判別できる仕組みです(つまり、金のコイキングと同じです)。

 ただし、色違いピカチュウは金のコイキングと異なり、通常色との違いがあまりありません。原作通りで通常より濃いイエローなのですが、昼間に外でプレイしているとまぶしくて画面が見づらくなりがちで、気付かない可能性もあるので注意深く観察しましょう。出現時のキラキラ輝くエフェクトで見分けるのがポイントです。

 後はいつも通り、きのみとボールで捕まえます。色違いピカチュウだからと言って捕獲率が低いわけではないようで、問題なくゲットできました。ただ万全を期すため、レイドバトルでゲットできる「きんのズリのみ」で捕獲率を上げてから、「ハイパーボール」を投げることをおすすめします。

 ゲットした色違いピカチュウをポケモンボックスで見てみると、ちゃんと色の違いが分かるように表示されます。タップしてみると、こちらにもキラキラ輝くエフェクトが加わっているのが分かります。

 色違いピカチュウはもちろんポケモン図鑑にも登録されます。ピカチュウはオスとメスでしっぽの形が異なりますが、色違いピカチュウを1匹ゲットすると、その性別にかかわらず、どちらも図鑑に登録されるようです。

 今回の色違いピカチュウは、見つけるまでにかなり苦労しました。正確に数えてはいませんが、120匹ほどのピカチュウをゲットして、やっと色違いに出会えたので、出現率はかなり低いと予想されます。おかげで、ピカチュウを捕まえた数に応じてもらえるメダル「ピカチュウだいすきクラブ」が金メダル(300匹)になりました。

 ちなみに、混雑しているPokemon GO PARKから出た方が、色違いピカチュウは探しやすかったです(ランドマークプラザ周辺でゲットしました)。

 さて、この色違いピカチュウを進化させると何色の「ライチュウ」になるのでしょうか。金のコイキングが赤のギャラドスになったように、色違いから色違いへの進化を期待したいところですが……。

●進化して「色違いライチュウ」もゲット

 もったいないと思いつつ、試しに色違いピカチュウを進化させてみたところ、やっぱり色違いのライチュウになりました。色違いのライチュウはピカチュウより色が濃く、オレンジ色もしくは明るいブラウンのように見えます。こちらは一目で分かる違いです。

 もちろん、ポケモン図鑑にも色違いライチュウとして登録されます。

 こうして色違いのピカチュウとライチュウを無事ゲットできました。これらは今回のイベントが終了した後も出現するかどうかは不明です(全国的に低確率で出現するようになると予想されます)。

●そして、さらにレアなポケモンも……

 最後にもう1つだけ。実はこの色違いピカチュウより入手困難と予想されるポケモンが存在するようです。それは「色違いピチュー」。今回のイベントでは、みなとみらいエリア全域で特別な2kmタマゴが出現するようになっていて、通常は10kmタマゴのポケモンもふ化するのですが、ここに色違いピチュー(ピカチュウ同様、少し色が濃い)が潜んでいるそうです。

 しかし、2kmタマゴからはピチューがふ化するとは限らず、仮にふ化しても通常色の確率が高いので、ゲットするのは至難の業。アンノーンが特定の文字限定ながら大量発生している今回のイベントでは、最もレアなポケモンに違いありません。

 色違いも含めてポケモン図鑑の完成を目指しているポケモントレーナーの方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最終更新:8/14(月) 11:09
ITmedia LifeStyle