ここから本文です

川崎F・中村憲剛、勝因は「ベタですけど」…スタジアムの雰囲気と気持ちを挙げる

8/14(月) 1:49配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第22節が13日に行われ、等々力陸上競技場では川崎フロンターレと鹿島アントラーズが対戦。試合は3-1で川崎Fが勝利を収めた。試合後、川崎FのMF中村憲剛が勝因を語った。

首位の鹿島から3得点を挙げての勝利。勝因を聞かれると、中村は「ベタですけど、気持ちじゃないですか」と簡潔に答える。そして「サポーターも出待ちの時から声を掛けてくれるなど、スタジアムは本当に良い雰囲気だった。ピッチに立っている僕たちだけではなく、スタジアム全体でそういう雰囲気を出せた。(気持ちも)乗りやすかった。みんな出足も良かった」と、チームを奮い立たせてくれたファン・サポーターに感謝を表した。

試合は序盤から、川崎Fが主導権を握る展開となる。中村も「前半から点が入る雰囲気はありました。あとは時間の問題」と考えていたようだ。しかし、その一方で「(前半を)しのがれると、後半(鹿島に主導権を)持っていかれた」とも話す。そうしたこともあり、「あの1点目は大きかった」と、前半アディショナルタイムに決まった先制点の重要性を強調した。

1点目のシーンについては「チャンスだと思って動いただけで、そこ(のスペース)を誰か使ってくれるかなと思ったら、ちょうど阿部(浩之)ちゃんと(大島)僚太が入ってくれた。アキ(家長昭博)もいいところに(パスを)出しました」と解説。さらに「自分たちでスカウティングというかね、前回の対戦もあって」と、狙い通りの攻撃だったことを明かした。

この勝利により、鹿島との勝ち点差は4に縮まった。中村も「首位のチームに勝ったことは、若い選手も多いので自信になった」と、その意義を口にする。ただし「次、負けたら意味ない」と、気を引き締めることも忘れていない。

GOAL

最終更新:8/14(月) 1:50
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合