ここから本文です

松山英樹の涙にネットもエール「涙の数だけ強くなれる」

8/14(月) 9:42配信

デイリースポーツ

 「米男子ゴルフ・全米プロ選手権・最終日」(13日、クウェイルホローC=パー71)

 最終ラウンドが行われ、首位と1打差の通算6アンダーで2位から出た松山英樹(25)=LEXUS=は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダーの5位となり、日本男子選手初の海外メジャー制覇はならなかった。

 松山はスコア提出後、涙をタオルで何度もぬぐいながら、「悔しいです」と声を絞りだすのがやっとで、うずくまるように芝生の上へ泣き崩れた。この涙に、ネットでは「お疲れ様」「次は必ず勝てる」の声が相次いで上がった。

 普段は表情をあまり変えない松山の涙に、ネットも“悔し涙”があふれた。ツイッターでは一時「#松山英樹」がトレンドに上がるほど。松山の最終日の一挙手一投足がツイッターに上がったが、涙の終戦となりネットでは「英樹の涙」に感動と励ましの声が次々と上がった。

 「この涙の重み…」「人一倍努力したから出る涙」「英樹の涙、グッときたな」「松山が悔し涙を流すくらい今回は優勝が見えてたんだよな」「本気の悔し涙にもらい泣きした」「涙の数だけ強くなれる」「次こそは」と、日本人初メジャーに手が届きかけた松山の頑張りにエールを送る声が数多く上がっていた。