ここから本文です

小型機墜落、2人死亡=奈良の山中に、大阪の夫婦か

8/14(月) 12:57配信

時事通信

 14日午後0時15分ごろ、奈良県山添村助命の山中に「飛行機が回転しながら落下した。黒煙が上がっている」と、近隣住民から110番があった。

爆音と煙、飛び散る部品=間近の事故に住民騒然-奈良・小型機墜落

 墜落した小型機は大破して炎上、残骸の中から性別不明の2人が発見され、その場で死亡が確認された。県警は大阪市に住む夫婦とみて身元確認を進めるとともに、詳しい事故状況を調べている。

 国土交通省によると、墜落したのは単発プロペラ機「ソカタTBM700」(定員6人)。機体整備を委託されていた会社の従業員などによると、会社代表田中良一さん(68)と妻佐智子さん(55)=いずれも大阪市中央区=が乗っていた。

 飛行計画では、同日午前11時57分に八尾空港(大阪府八尾市)を出発後、約2時間45分後に福島空港(福島県須賀川市など)へ到着する予定だった。事故の約2分前に「八尾へ引き返す」と連絡があったが、理由は告げなかったという。

 奈良県警天理署や消防によると、機体はバラバラになり破片が散乱した。現場は名阪国道神野口インターの西約1.5キロにある山中で、付近に民家はない。

 国交省は航空事故と認定し、運輸安全委員会は調査官2人を現地に派遣する。

 同省によると、事故機は11日午前、八尾空港から神戸空港(神戸市)に向かう途中、無線機の不具合があったとして引き返すトラブルを起こしていた。安全委は関連の有無を調べる。 

最終更新:8/14(月) 20:16
時事通信