ここから本文です

円上昇、109円台前半=東京市場

8/14(月) 13:00配信

時事通信

 連休明け14日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=109円台前半に上昇した。北朝鮮をめぐる地政学リスクを受けて、安全資産とされる円を買う動きが強まった前週末の海外市場の流れを引き継いだ。米経済指標が低調な内容だったことも、投資家のドル売り・円買いを促した。午前11時現在は109円35~36銭と前営業日比66銭の円高・ドル安。 

最終更新:8/14(月) 14:28
時事通信