ここから本文です

東海大菅生・松本に西東京代表の意地、「経験をいかすことできた」

8/14(月) 13:17配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・2回戦、東海大菅生11-1高岡商」(14日、甲子園球場)

 西東京大会で早実や日大三といった顔触れを破って代表を勝ち取った東海大菅生が、甲子園でも躍動した。背番号1の松本健吾投手(3年)が9回を投げ切って1失点。打線も六回から得点を重ね、九回に一挙7点を奪い試合を決めた。

 序盤は投手戦となった。松本は「最初は少し緊張してしまって、ボールが抜けたり、ボールになってしまったりしていた」と振り返ったが、「後半から尻上がりに自分のピッチングをすることができたので良かったと思います」とひと息ついた。

 七回には安打も出て「今日で一番うれしかったです」と笑顔。注目された西東京大会を勝ち抜き、甲子園でも躍動したことには「西東京大会ではたくさんの強打者と対戦してきて、抑えることができたり、要所で締めることができたので、その経験を甲子園で生かすことができたと思います」と胸を張った。

 1-1で迎えた六回に東海大菅生は松井の三塁打、小玉の犠飛で勝ち越しに成功。以後、得点を重ね、九回には奥村の3ランなどで7点を奪い試合を決めた。

スポーツナビ 野球情報