ここから本文です

北ミサイル 米軍制服組トップが文在寅大統領と会談へ 北挑発への対応を協議

8/14(月) 9:51配信

産経新聞

 【ソウル=桜井紀雄】韓国を訪れている米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は14日、ソウルの大統領府で、文(ムン)在寅(ジェイン)大統領らと会談する。北朝鮮が米領グアム島沖へ弾道ミサイル4発を発射する計画を公表したことで、緊迫する朝鮮半島情勢について協議する。

 聯合ニュースによると、鄭(チョン)義溶(ウィヨン)国家安保室長や韓国軍制服組トップの李(イ)淳鎮(スンジン)合同参謀本部議長らが同席する。宋(ソン)永武(ヨンム)国防相とも別途会談が予定されている。

 ダンフォード氏の訪韓について、軍関係者は「以前から計画されていたものだ」と説明するが、北朝鮮の挑発に対し、トランプ大統領が激しい言葉で応酬し、さらに高まった軍事的緊張への対応という重い議題が目前に浮上した。

 ダンフォード氏の訪韓は日中韓3カ国歴訪の日程の一部で、14日午後、韓国での日程を終えた後、中国に向かう予定。

最終更新:8/14(月) 12:23
産経新聞