ここから本文です

ルカク、ポグバが魅せた モウリーニョ体制2年目のマンUがウェストハムを4発粉砕

8/14(月) 1:51配信

theWORLD(ザ・ワールド)

言うことなしの開幕戦

ジョゼ・モウリーニョ体制2年目にプレミアリーグ制覇を目指すマンチェスター・ユナイテッドは、開幕戦でウェストハムと対戦。ウェストハムも今夏ジョー・ハートやハビエル・エルナンデスなど実力者を獲得したことで注目されていたチームだが、試合はホームのマンUが一方的に支配する展開となる。

超激戦のプレミアを制するのはどのチームか

序盤からポグバ、マタ、ムヒタリアンらMF陣がポジションを動かしながらボールを支配し、ポゼッション率が80%を超える時間帯まであった。ウェストハムも体を張って必死に守っていたものの、33分に新戦力ルカクが魅せる。

速攻からラッシュフォードがドリブルで持ち込むと、裏に抜けたルカクにスルーパス。ルカクはこのお得意パターンから左足を振り抜き、強烈なシュートがハートの守るゴールをこじ開けた。マンUが期待の新戦力の得点で先制に成功する。

その後もマンUはボールを支配し、失ってもすぐに取り返す攻守の切り替えの早さを披露。52分にはフリーキックからルカクが頭でゴールネットを揺らして2-0。その後もウェストハム守備陣を翻弄し、次々とチャンスを作り出していく。

76分にはフェライニも登場し、中盤ではポグバ、マティッチ、フェライニの190cmを超える威圧感抜群のトリオが実現。新たな側面も見せつつ試合をコントロールすると、87分にはムヒタリアンのパスを受けたマルシャルがGKとの1対1を冷静に沈めて3-0。

さらに止まらないマンUはポグバが豪快なミドルシュートを決めて4-0。マンUがホームでの開幕戦を完璧な形で締めくくった。


[スタメン]

マンチェスター・ユナイテッド:デ・ヘア、ブリント、ジョーンズ、バイリー、バレンシア、マティッチ、ポグバ、マタ(→フェライニ 76)、ムヒタリアン(→リンガード 88)、ラッシュフォード(→マルシャル 80)、ルカク

ウェストハム:ハート、マスアク(→クレスウェル 81)、オグボンナ、リード、サバレタ、オビアング、ノーブル(→ライス 61)、フェルナンデス(→サコ 60)、アルナウトビッチ、アイェウ、ハビエル・エルナンデス

[スコア]

マンチェスター・ユナイテッド 4-0 ウェストハム

[得点者]

マンチェスター・ユナイテッド:ルカク(33、52)、マルシャル(87)、ポグバ(90)

http://www.theworldmagazine.jp/