ここから本文です

【女子W杯】各組3位争い混沌で日本は8強に望み。NZは香港から121得点

8/14(月) 4:34配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 女子ラグビーワールドカップ2017アイルランド大会のプール戦で2連敗を喫した日本だが(第1戦:対フランス 14-72、第2戦:対アイルランド 14-24)、目標のベスト8に入るチャンスはまだ残っている。
 現地時間13日におこなわれたプールステージ第2節で、プールCのライバルであるオーストラリアがフランスに0-48と完敗し、こちらも0勝2敗となった。現時点では、第1戦は7点差以内の敗戦だったためボーナスポイントを得ていたオーストラリアが勝点0の日本より上だが、17日の直接対決で勝った方がプールCの3位となり、プールA、Bの3位チームのどちらかより総勝点が高ければ、5位~8位決定トーナメント進出となる(各プール3位チームのうち成績上位2チームが8強入り。勝点が並んだ場合は得失点差で決定)。

ホーム沈黙させるも、残るは悔しさのみ。逆転負けサクラフィフティーンの矜持。

 プールAで2連敗となったウェールズと香港は勝点0のまま。プールBで下位のイタリアとスペインも2試合を終えてポイントを獲得しておらず、サクラフィフティーンには望みがある。

 準決勝進出を目指す上位チームでは、2大会ぶり5回目の優勝を狙うニュージーランドが初出場の香港を121-0と圧倒し、ベスト4入りに近づいている。ブラックファーンズという愛称でも知られる女子ニュージーランド代表は、自国の先輩たちが1998年大会でドイツ相手に記録した最多得点・最大点差(134-6)を上回ることはできなかったが、エースのWTBポーシャ・ウッドマンは香港戦だけで8トライを挙げ、格の違いを見せつけた。

 プールAでニュージーランドと首位を争うカナダは、ウェールズを15-0で下して2連勝。しかし、4トライ以上で与えられるボーナスポイントを獲得できなかったのは誤算だったか。

 プールBでは、連覇を狙うイングランドが危なげなく56-13でイタリアから勝点5を奪い、白星発進していたアメリカもスペインに43-0で快勝して、4強入りがかかる17日のプール最終戦を迎える。

1/2ページ