ここから本文です

旭市の復興イベント「地曳き網体験」へ突撃潜入!【住みます芸人】

8/14(月) 11:28配信

ちばとぴ!チャンネル

夏休み満喫してる? こんにちば!千葉住みます芸人うっほ菅原です!

暑さの後に、涼しさ全開の2017夏!8月のオススメイベント紹介するぜ! それは「地曳き網」だ! 千葉県のいろんな海岸で毎年夏行われている伝統の漁!地曳き網! 潜入捜査してみたよ!(千葉県住みます芸人チャンネル)

まずは朝8時半に現地集合!
矢指ヶ浦海岸で開催されている地曳網は予約無しでも参加できる!
でも不安なので前日に千葉県庁のホームページで調べ電話で確認を入れた!
すると、「予約は要らないけど場所わかり辛いからたどり着けるかな?」
とにかくカーブ目指して!カーブ!
と道路のカーブを案内されるも、そんなものは無限とある!!
当日成田で撮影役の後輩「新橋亭しょうゆ(新橋の立ち飲み屋タッチノーミーでバイトしている時に先輩に名付けられた)」を7時に拾い、いざ旭市の海岸へひたすら295号を東へ!

約200人以上の参加者が小雨降りしきる矢指ヶ浦海岸へ大集結!
地域の漁師さんとイベントスタッフの方々に、地曳網漁参加券、BBQ参加券を貰い暫し浜で待機すると海から一艘の船が海岸へ到着!
そこだ!と勘を働かせ地曳網のポールポジションを、小学生達を差し置きゲット!!今年数えで40になります。大人気ないけどテンションマックスなので仕方ありません!

はっぴ、ねじりはちまき、赤フンドシ姿で先頭に立ったもんだから、一般客なのに一般客から、漁師さんと間違えられ、なぜかリーダーに!
カメラマンの方からも、地曳網のこれからの流れや注意事項を聞かれ、それとなく嘘の情報をながしました。

後は網が見えるまで、左右100人づつ別れて「よいしょよいしょ!」と俺の掛け声で引っ張り続けます!
しかし途中で本物の漁師さんに「つな引きみたいにするんじゃなく、つな持ったまま歩いて行くんだよ!」と一喝され、リーダーの俺が間違えていた事がさらっとバレてしまいます。

タイやヒラメの舞い踊りならぬ、イワシやクロダイが大漁だ!!!

サメの子供も上がっちゃったからもしかしたら、親サメ来ちゃうかも!!

水温は寒かったけど、みんな地曳網にテンション上がって矢指ヶ浦海岸は熱くなっていたぜ!!

その後も、BBQやプレゼント抽選会があったみたいだったが俺は先に帰らなきゃ行けなくて泣く泣くその場を後に!

帰り際漁師さん達にお礼を言いに行くと「今日頑張ってたな!」とお酒もらっちゃったよ!!

車に乗り込んだら、寒さを忘れていたせいで、すっかり冷え込んで2人とも腹を下しちゃってました。

皆さんも夏休み期間を利用して是非地曳網参加してみてはいかがでしょうか?