ここから本文です

夏祭りで創作エイサー披露  沖永良部高校、全国高校総合文化祭出場を報告

8/14(月) 13:00配信

南海日日新聞

 今月4日の全国高校総合文化祭(宮城県)に出場した鹿児島県沖永良部島の沖永良部高校エイサー部が12日、地元知名町のふるさと夏まつり前夜祭に出演した。大会結果を報告し、応援してくれた島民へ感謝を込めて踊りを披露した。

 同部の全国大会出場は初出場だった2012年以来5年ぶり。「せりよさ~咲かちやりくぬ~」の演題で、伝統エイサーと正名ヤッコ踊りを組み合わせた勇壮な創作演舞を繰り広げた。目標の伝承芸能部門入賞はならなかった。

 3年生が引退し、この日は1、2年生による新チームが夏をイメージした明るい曲に合わせて創作エイサーを披露し、会場から温かい拍手と声援が送られた。

 新チームの主将は「結果は残念だったがとてもいい経験になった。この経験を生かして11月の県大会に向け、一丸となって頑張りたい。これからもよろしくお願いします」と話した。

奄美の南海日日新聞

最終更新:8/14(月) 13:00
南海日日新聞