ここから本文です

好調のニコ・ヒュルケンベルグ「2017年のF1マシンが自分のドライビングスタイルに合っている」

2017/8/14(月) 12:47配信

motorsport.com 日本版

 今季からルノーに加わったニコ・ヒュルケンベルグは、チームメイトのジョリオン・パーマーを圧倒。これまでのレースで印象的な走りを見せている。

【写真】テストで最新マシンをドライブしたロバート・クビサ。ヒュルケンベルグも”印象的”だったとコメント

 彼は、自身のパフォーマンスが良い理由は、単にダウンフォースが増えタイヤが大きくなった今年のマシンで、よりプッシュできるようになったからだと語った。

 motorsport.comが彼に、2017年マシンについての考えを聞くと「今年のマシンの方が間違いなく楽しいし、速い」と述べた。

「自分自身についてのことしか言えないけど、より強くプッシュできるようになったんだ。近年のマシンに比べて、その方が僕のドライビングスタイルにより合っている」

「以前は、限界を探ることもできずに、常に自制してドライブしなければならなかったし、今のマシンほどプッシュできなかった。だから、今のマシンを気に入っているよ」

 ヒュルケンベルグは、2017年マシンの限界を見つけることは”挑戦”だと語ったが、今年F1で多く見られたスピンやクラッシュは、マシンが高速域で不安定な挙動を見せている証明にはならないと、彼は考えている。

「少し強烈になったようだ」とヒュルケンベルグは語った。

「僕は多くのレースを見てきたけど、今年のレースは(ヒュルケンベルグがクラッシュした)バクーのように、ミスを許容する余地がほとんど無い」

「だからもしミスをした場合、それが大きなミスになってしまう。しかし、難しくなりすぎているとも思わないし、変わりすぎているわけでもない」

Jonathan Noble

最終更新:2017/8/14(月) 12:47
motorsport.com 日本版