ここから本文です

GDP 6期連続のプラス成長

8/14(月) 14:04配信

ホウドウキョク

GDP(国内総生産)が、6期連続のプラス成長となった。好調な個人消費などが、全体を押し上げた形となる。
内閣府が発表した、2017年4月から6月のGDPの速報値は、物価変動を除いた実質で、前の3カ月と比べて、プラス1.0%となった。
このペースが1年間続くと仮定した年率に換算すると、4.0%のプラスで、プラス成長は6四半期連続となり、11年ぶりの長さ。
個人消費は、エアコンや冷蔵庫などが好調で、プラス0.9%となったほか、企業の設備投資が2.4%、住宅投資も1.5%のプラスだった。
茂木経済再生担当相は「率直にいい数字だと思っている。消費が完全に回復したかというと、力強さに欠けている面も残っている」と述べた。
茂木経済再生担当相は、景気は緩やかに回復しているのとの認識は変わらないとしながらも、先行きを注視する考えを示した。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/14(月) 14:04
ホウドウキョク