ここから本文です

【RSR 2017】B’z初出演、大ヒットチューン連発で3万人を一つに

8/14(月) 13:55配信

Billboard Japan

 B’zが8月11日、12日に開催された【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO】に初出演を果たした。

 始まる前から期待が高まる。ステージには〈玲〉と刻まれた松本の白いアンプが16台(!)。それだけで壮観だ。ステージに松本が現れると、客席を両手で煽る。そのギターが鳴ると同時に、稲葉が現れ「さまよえる蒼い弾丸」からライブはスタート。もうフェス仕様で照れのない、誰もが知っている大ヒットチューンを連発。しかし客席に日和る感じはまったくなく、圧倒的な演奏力と、積み上げてきたバンドのグルーヴで、フェスで初めて彼らを見る客も虜にしていく。中でもベースのバリー・スパークス(元ドッケン)とドラムのシェーン・ガラースのリズム隊が凄まじい。稲葉がマラカスを振り、松本がセンターでギターを奏で、ルーズなグルーヴから披露した「有頂天」も、その懐の深さを感じさせた。

 「これがライジングサンロックフェスティバルか……すげえな。皆さん、素敵ですよ」と稲葉が口にする。そして「声を響かせてください」と叫ぶと、「裸足の女神」のイントロで、3万人の声がひとつになる。その後も「イチブトゼンブ」「Still Alive」と会場を盛り上げる。「juice」のコールアンドレスポンスでは、稲葉のハイトーンボイスについていけない客席に「適当でいいよ」と笑う、稲葉のお茶目さが出る一幕も(笑)。「ギリギリchop」では客席中がタオルを回し、ラストの「ultra soul」では、サビのあの部分になると、SUN STAGEの前方から、テントサイトの後ろの方まで、ぎっしり埋まった人たち、ほぼ全員がジャンプ。地面が揺れたと思うほど。とにかく圧巻なステージだった。

なお、【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO】は2018年8月10日、11日に開催される。



◎公演情報
【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO】
2017年8月11日・12日
北海道小樽市・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

最終更新:8/14(月) 13:55
Billboard Japan