ここから本文です

巨人・今村の投球に野村弘樹氏「我々も残念」

8/14(月) 10:00配信

ベースボールキング

 今季初先発となっ巨人の今村信貴は、期待に応えられず悔しいマウンドとなった。

 昨年8月18日の中日戦以来の先発となった今村は初回、先頭の田中広輔に内野安打で出塁を許すと、続く2番菊池涼介の打席中に盗塁を決められ得点圏に走者を背負う。菊池にはライト前に運ばれると、右翼・長野久義が送球しようとしたときに転倒し、二塁走者の生還を許した。

 さらに、安打と四球で満塁とピンチは広がり、松山竜平に犠飛を打たれ失点。二死後、西川龍馬にタイムリーを浴び、この回3点を失った。

 2回以降は走者を背負いながらも無失点で切り抜けたが、5回の打席で代打が送られ降板。この日は4回を投げ、7安打、2四死球、3失点だった。

 同日に行われた『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』の解説を務めた野村弘樹氏は「初回に3点を取られましたけど、今日のピッチングが今村本来の姿ではないと思うんですよね。彼のいい時を知っていますから、それが出せなかったことに本人も悔しかったと思いますし、我々も残念なんですね」と振り返った。

 「次チャンスを貰えるかわからないですけど、自分のボールを投げ込んで勝負してもらいたい。そういうコンディションで一軍のマウンドで見たいですね」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING