ここから本文です

ネイマールが1G1Aで華麗にデビュー、パリSGを開幕連勝に導く

8/14(月) 9:07配信

ゲキサカ

[8.13 リーグ1第2節 ギャンガン0-3パリSG]

 リーグ1は13日に第2節を行い、パリSGは敵地でギャンガンと対戦し、3-0で勝利した。バルセロナから加入したFWネイマールはフル出場でリーグ1デビュー。1ゴール1アシストを記録し、新天地でその実力を知らしめた。

 パリSGは開幕戦のアミアン戦(2-0)から先発1人を変更し、MFハビエル・パストーレに代えて左サイドでネイマールを起用。それ以外は前節と同様のメンバーで挑んだ。

 左サイドのネイマールは、中央にも流動的に動いて攻撃参加。前半38分にはPA左でボールを受け、キックフェイントでDF2人を華麗にかわしてチャンスをつくる。しかし、ギャンガンの組織的な守備にパリSGは苦戦し、前半は0-0で折り返した。

 後半に入ると、ネイマールはより中央でプレーする。後半6分、低い位置でパスを受けてから鋭い縦パスをMFアンヘル・ディ・マリアに通し、決定機を演出。円滑に前線を動かしていくと、直後の7分に思わぬ形でパリSGが先制に成功した。

 ネイマールの鋭い縦パスはPA内でブロックされ、ギャンガンDFジョーダン・イココがボールを拾ってGKにバックパス。ところが、これが痛恨のパスミスとなり、そのまま自陣ゴールに吸い込まれた。

 オウンゴールで先制したパリSGは後半17分に追加点を奪う。最終ラインからパスを受けたネイマールがそのまま長い距離を運び、最前線のFWエジソン・カバーニへスルーパス。最高のお膳立てを受けると、冷静にゴール右に流し込み、2-0とリードを広げた。

 リーグ1で初アシストを記録したネイマールは後半37分、今度は自ら決めた。DFレイバン・クルザワのクロスに合わせたネイマールのヘディングシュートはミートしなかったが、カバーニがこぼれ球を拾って再びクロス。今度こそネイマールが右足で押し込み、ダメを押した。試合はそのままパリSGが3-0で快勝し、開幕2連勝。ネイマールは1ゴール1アシストで自らのデビューを華々しく飾った。

最終更新:8/14(月) 9:07
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報