ここから本文です

柴田勝頼が4カ月ぶりリング「生きています!以上」

8/14(月) 9:12配信

日刊スポーツ

 硬膜下血腫で緊急手術を受け欠場中の柴田勝頼(37)が13日、新日本プロレスの両国大会で、4カ月ぶりにリングに上がり、ファンに元気な姿を見せた。

【写真】にらみ合う柴田勝頼と鈴木みのる

 柴田は、4月9日の両国大会で、IWGPヘビー級王者オカダに挑戦後、体調を崩し都内の病院に救急搬送された。翌10日に手術を受け、病院で治療を続けていた。柴田は、ファンの大歓声に迎えられると、言葉を詰まらせ「生きてます! 以上!」とあいさつ。「大丈夫かと聞かれると、なんと答えたらいいのか分からない。また、しっかりとした形で会えるよう、頑張ります。以上」と、前向きに話した。

最終更新:8/14(月) 9:24
日刊スポーツ