ここから本文です

京都成章、19年ぶり甲子園安打「ホッとした」

8/14(月) 13:20配信

日刊スポーツ

<全国高校野球選手権:神村学園3-2京都成章>◇14日◇2回戦

 19年ぶりに出場した京都成章は、神村学園(鹿児島)にサヨナラ負けを喫した。

【トーナメント表】甲子園組み合わせ

 京都成章は、2回2死一塁、主将でエースの北山亘基投手(3年)が左安打。1998年に松坂大輔(ソフトバンク)擁する横浜(神奈川)との決勝でノーヒットノーランで敗れて以来、チームとして19年ぶりの安打に、松井常夫監督(53)は「ホッとした」と胸をなで下ろした。

 3回2死満塁から、5番松下慎太郎外野手(2年)の三ゴロで先制したが、6回に逆転を許した。9回表に3番茂木健(たける)内野手(3年)が右中間へソロ本塁打を放って同点に追いついたが、9回裏にサヨナラ負けを喫した。

 北山は8回1/3を投げて、8安打3失点11奪三振。初戦敗退に「悔しい」とこぼしながらも、「1番楽しいマウンドだった。甲子園は今までの苦労が報われる最高の場所でした」と晴れやかな表情で話した。

最終更新:8/14(月) 13:58
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報