ここから本文です

ここで死ぬんだ…爆弾破片が顔に命中、米軍治療で一命 沖縄戦経験の女性「誰もこんな目に遭わせたくない」

埼玉新聞 8/15(火) 10:30配信

(左)1948年5月に米国人が撮影した新垣文子さん(左から2人目)ときょうだい。新垣さんは顔に大きなばんそうこうを貼っている(新垣さん提供)、(右)家族の写真を見つめ、「生きていて良かった」と話す新垣文子さん=越谷市

(埼玉新聞)

最終更新:8/15(火) 15:46

埼玉新聞