ここから本文です

ハードオフで「幽霊が写るカメラ」が販売中ー! “幽霊”の正体を店長に聞いた

8/18(金) 11:15配信

ねとらぼ

 リサイクルショップチェーン・ハードオフで、必ず“幽霊が写るインスタントカメラ”が売られています。まさかリアル「射影機」発見か……!?

【画像:霊が写るというカメラ】

 「ハードオフでヤバいの売ってる…」と、ウワサのカメラを紹介したのは、TwitterユーザーのTAKAHASHl(@TAKAHASHl) さん。投稿された画像には、富士フイルムのインスタントカメラ(instax mini)に添えられた「電池にて起動確認。数枚テスト撮影しましたが幽霊が写るため(3枚ご確認下さい)現状でのお渡しとなります」という、なんとも不穏な説明文が並んでいます。

 それにしても気になるのは「幽霊が写る」という文言。カメラに霊が写るとなれば、和風ホラーゲームシリーズの金字塔、「零」に登場する“射影機(撮影することで怨霊を撃退し、封じ込めるチカラを持つ古いカメラ)”を連想してしまいますが、一体どういうことなのでしょうか。カメラを販売するハードオフ 鎌倉大船モール店の店長にお話を伺いました。

●ハードオフ店長が語る「幽霊が写るカメラ」の正体

――霊が映るカメラを販売されているとのことですが

店長:はい、当店で販売しています。

――具体的にはどんな霊が映るのでしょうか

店長:現像された写真の左斜め上に、白っぽいモヤのようなものが薄っすらと写ります。何回撮っても同じモヤが写るので、そういう不具合だと思います。

――ということは霊の正体とは

店長:カメラ本体の不具合です。それを言葉遊び的にお伝えしたのが、あの説明文になります。

――ちなみに商品はまだ店頭にあるのでしょうか

店長:はい、ジャンク品として販売中です。

 不具合をちゃめっ気たっぷりに紹介したこのカメラ。マイ“射影機”として持ち歩けば、いつでもどこでもお手軽に心霊風写真を撮影できるかもしれません。

最終更新:8/18(金) 11:22
ねとらぼ