ここから本文です

DeNA 継投裏目で連勝3で止まる 三上は出場選手登録抹消へ

8/18(金) 23:10配信

デイリースポーツ

 「巨人9-7DeNA」(18日、東京ドーム)

 DeNAはリリーフ陣の継投が裏目に出て敗れ、連勝が3で止まった。

 3点リードの七回に三上が陽岱鋼に3ランを浴び同点に追いつかれた。延長十回には砂田が宇佐見に2ランを浴びてサヨナラ負けを喫し、ラミレス監督は「残念です」と厳しい表情を浮かべた。

 守護神の山崎康が前夜の中日戦まで2連投しており、この日は休養日を与える方針だった。「今日は、クローザーはパットンのつもりでした」と指揮官。ストッパー抜きで戦うため、三上を七回に起用し、砂田には2イニングの登板を期待したが、裏目に出てしまった。

 本来は勝利の方程式の一角だった三上だが、防御率5・57と不振に陥っている。ラミレス監督は「三上は抹消します。最近、安定感を欠くピッチングが続いていましたし。2ストライクを取った後の制球に苦しんでいた。2軍に行ってもらって本来の姿を取り戻してもらえれば」と説明。19日に出場選手登録を抹消し、右腕の復活に期待した。

スポーツナビ 野球情報