ここから本文です

【インタビュー】25歳で50カ国――「美人旅ガール・たじはる」が教える広い世界の身近な楽しみ方

8/18(金) 12:31配信

トレンドニュース(GYAO)

■旅立つ前はやっぱり怖い……

「旅行に行かないときの私は、家で原稿を書いたり写真を整理したりしながら、わりと引きこもって仕事をしています(笑)。常にアクティブに動いているように思われますが、旅に出るか家にいるかという生活です。いろいろ旅をしていると、移住してみたいなと思う場所も出てくるんですが、ニュージーランドはいつか本気で住みたいと思っています。昨年訪れてからすっかり好きになってしまいました。自然が豊かだし、治安がとにかくよくて、警察官が暇すぎて犬の散歩をしているくらい(笑)」

「今後は、雑誌やメディアにもっと出て、旅の楽しさを伝えていきたいです。それに、女性ファッション誌で連載もやってみたいですね。私の写真や本を見てくださる方は、女性が多いですし、なんだかんだ言って女性の方が男性よりも旅に出る思い切りの良さがあると思います(笑)。旅に出ようか迷っている女性たちが、一歩踏み出す支えになれたらうれしいです。でも実は、私も旅に出る前って毎回怖いんです……。今回こそ死んじゃうんじゃないかなと不安に思っています。でも、『心配するよりまずはやってみよう』という思いの積み重ねで、気がついたら50カ国以上も旅に出ていましたね(笑)」

◆田島知華(たじはる) プロフィール

1991年福岡県生まれ。東京都在住。トラベルフォトライター/女子旅アドバイザー
著書『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)が発売中。
「旅人」「フォトグラファー」「ライター」全てを一人で担う新しい職業、「トラベルフォトライター」としてオリジナリティのある記事を様々な媒体で発信。旅行会社のパンフレット撮影やオリジナルツアー企画なども監修する。また、自身の経験を元に女子旅アドバイザーとしてSNS向けの写真の撮り方や旅先でのファッション、美容法、女子ならではの悩みを解決するためのアドバイスをして旅する女子を増やしている。
<座右の銘>「何事も成功するまでは不可能に思えるものである」

(取材・文/岩木理恵@HEW)
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~

エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

3/3ページ