ここから本文です

スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ決勝:ガスリー日本初優勝。小林”ピットミス”でSF初優勝を逃す

8/20(日) 16:23配信

motorsport.com 日本版

 スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎの決勝レースが行われ、ピエール・ガスリー(TEAM 無限)がスーパーフォーミュラ初優勝を果たした。

【写真】”レッドブルカラー”のガスリーのマシン

 直前に行われたピットウォーク中には一時降雨があったものの、それもすぐに上がり、スーパーフォーミュラの決勝はドライコンディションでスタートが切られた。

 今回のレースは、新投入のソフトタイヤと従来のミディアムタイヤの2種類のタイヤが持ち込まれており、そのいずれも決勝中に使うことが義務付けられている。そのため、スタート時のタイヤ選択は大きく分かれた。

 ソフトタイヤでのスタートを選択したのはPPの山下健太(KONDO RACING)や2番手の小林可夢偉(TEAM 無限)、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)ら9人。一方4番手スタートのガスリーら10人は、ミディアムを選んだ。

 なお直前の8分間ウォームアップ走行で、ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がスピンを喫し、マシンはピットに戻されたものの時間内にグリッドにつけず最後尾からのスタートとなった。

 好きスタートを決めたのは2番グリッドの小林可夢偉だった。小林がホールショットを奪い、野尻が2番手、山下は出だしこそ良かったものの、3番手に下がる形となった。

 抜群のスタートを決めた小林は、一気に後続を引き離す走りを見せ、3周目までに3秒のリードを築く。4番手につけたガスリーは、ミディアムタイヤを履いているためにソフトタイヤ勢と比べてペースが遅く、トップ3の集団から離されてしまう。

 後方では15番手スタートの塚越広大(REAL RACING)が序盤からアグレッシブな走りを見せ、次々と前のマシンをオーバーテイク。15周を迎える頃には7番手まで浮上した。

 9周目、3番手を走る山下がピットインし、いち早くミディアムに交換。その後も、ソフトタイヤを選択した伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、山本尚貴(TEAM 無限)なども、11周目までにピットストップを完了した。

 15周目にはソフトタイヤを履いた野尻と塚越がピットイン。野尻はミディアムタイヤに交換するが、塚越はソフトタイヤに交換。結果的には唯一となる2ストップ作戦を選択した。またピットアウトした野尻を、山下が逆転。実質の2番手に浮上する。

 2ストップ作戦でペースを上げる塚越。なんと25周目にはトップ3圏内を走行していた野尻をパス。さらに27周目には山下も追い抜き、実質上の2番手まで浮上する。

 後方では、ミディアムタイヤを履くドライバーにソフトタイヤのグリップ力で迫っていくドライバーが多く、各所で接近戦のバトルを展開。その中で、ヘアピンの立ち上がりでアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)が伊沢のリヤに接触。これで伊沢はバランスを崩してコースオフし、左リヤタイヤをウォールに接触させ、リタイアとなってしまった。ロッテラーにはこの責任が科せられ、ドライブスルーペナルティを受けることになってしまった。

 スタートから後続を引き離す走りを続けていたトップの小林は34周目にピットインするが、ここで右リヤタイヤのナットがうまく締まらず、痛恨のタイムロス。これによりガスリーの先行を許してしまうことになった。

 スタートからミディアムタイヤで引っ張り続けていた石浦宏明(P.MU / CERUMO・INGING)が40周目にピットイン。これでガスリーが完全にトップに浮上した。

 一方、終盤にソフトタイヤを履いた石浦は、7番手でコースに復帰すると野尻、山下を立て続けにパス。さらに1分34秒台のペースで4番手のニック・キャシディ(KONDO RACING)にも迫る勢いで追い上げを披露。50周目の90度コーナー立ち上がりでキャシディがミスしたところを見逃さずにオーバーテイク完了。石浦が4番手に浮上し、ランキング首位を守ることになった。

 レース後半は、独走状態となったガスリー。最後まで安定した走りを見せ、トップチェッカー。参戦4戦目にして待望の初優勝を飾った。2位には小林、3位はフェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO Team LeMans)が入った。

 パルクフェルメに帰ってきたガスリーは、雄叫びをあげガッツポーズ。スーパーフォーミュラでの初優勝を喜んだ。

1/2ページ