ここから本文です

陣内孝則、28年ぶり野島伸司ドラマに出演 ダークな役柄に

8/21(月) 16:00配信

シネマトゥデイ

 玉山鉄二&佐々木希が妻の性嗜好障害という試練に見舞われる新婚夫婦にふんする、野島伸司脚本のHuluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」の配信開始日が9月16日に決定し、併せて新キャストが発表された。キャストの一人でテレビドラマ「愛しあってるかい!」以来28年ぶりに野島作品に挑む陣内孝則は、「オファーがきた時は驚きましたし、嬉しかったです。しかも、授かった役は“心の闇”というウィークポイントを持つ半面、ともすれば人生を侵されてしまいそうな“危険な色気”のある男。この役を全うするため、多少痩せて、現場に臨みました」と久々の再タッグへの喜び、役に懸けた思いを語っている。

【写真】野島伸司

 本作は、夫を深く愛しながらも不特定多数の男性と関係を持ってしまう性嗜好障害を抱える立木彩(佐々木)と、妻の秘密を知ったことから苦悩することになる月刊文芸誌「ストーリーファイル」の副編集長・立木信夫(玉山)を軸に、誰にも言えない心の闇や秘密を抱えた人々の愛憎を描く群像劇。

 本作で信夫の上司で編集長の倉田和馬を演じる陣内は、1989年に都会の男子校、女子校を舞台にした野島脚本の学園コメディードラマ「愛しあってるかい!」(フジテレビ系)で主演を務め、柳葉敏郎、小泉今日子、藤田朋子らとともに高校教師を好演。26.6%の高視聴率を記録した。そんな本作から一転、「雨が降ると君は優しい」では文芸誌の敏腕編集長にして、長きにわたってアルコール依存に陥っているというダークな役柄に。陣内は「人間誰しもが大なり小なり抱える“心の闇との葛藤”、人間だれしもが持つ“心の弱さ”が生み出す“依存症”という病……。それらを通して、人としての在り様を問うストーリーこそが、この作品の魅力ではないか」と作品の魅力を分析している。

 そのほか、木村多江が倉田の恋人で彩のカウンセリングを担当する臨床心理士・小早川志保、奥菜恵が立木夫婦と親しい関係にあるファッション誌編集長・新城玲子、笛木優子が40歳を前にして初めて恋愛ものを手掛ける流行作家・雫石奈美に。古谷一行が女性編集者を次々と食い物にしてきたと噂される純愛小説の大物作家・小野田史郎役で特別出演する。(編集部・石井百合子)

配信スケジュールは下記の通り

9月16日:1話・2話
9月23日:3話・4話
9月30日:5話・6話
10月7日:7話・最終話

最終更新:8/21(月) 16:00
シネマトゥデイ

Yahoo!ニュースからのお知らせ