ここから本文です

文大統領「完璧な対応態勢整備を」 北挑発に備え

8/21(月) 17:22配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、定例の韓米合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)初日の21日、青瓦台(大統領府)で国家安全保障会議(NSC)を開いた。

 文大統領は、韓国軍制服組トップの鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長とブルックス在韓米軍司令官(韓米連合軍司令官兼務)からテレビ電話で軍事状況や韓米両軍の準備計画についての報告を受けた後、「韓米連合軍は強力な防衛態勢を維持する一方、北が挑発した際は即時に断固たる姿勢で撃退できるよう完璧な対応態勢を整えてほしい」と述べた。

 また北朝鮮が核とミサイルの高度化を続けていると指摘した上で「北のいかなる挑発にも強力に対応するため、政府と軍が徹底的に準備態勢を整えなければならない」と強調した。

 一方、北朝鮮が正しい道を選択する場合は「国際社会との協力の下、より明るい未来を開くことができる」と述べた。

 UFGは31日まで実施される。今年は韓国軍から約5万人、米兵力は海外からの3000人を合わせ1万7500人が参加する。

最終更新:8/21(月) 19:45
聯合ニュース