ここから本文です

【動画解説】関東・東北は暑さ復活 東・西日本はまた激しい雷雨に

8/21(月) 12:08配信

ウェザーマップ

 20日(日)に発生した台風13号。日本への直接的な影響はなさそうですが、間接的な影響が出始めています。
東・西日本では再び激しい雷雨になるおそれがあるため、注意が必要です。また、しばらく涼しかった関東でも猛烈な暑さが戻ってきます。

 20日(日)の午後、フィリピンの東で台風13号が発生しました。
台風は今後、日本から離れるように大陸方面に進む見通しですが、間接的な影響はあるので注意が必要です。

 雲の様子をみると、台風から離れた九州付近でも雨雲が発達しています。
これは台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んでいるためで、このあとも西日本や東日本を中心に流れ込みが続く見込みです。
すでに九州では雷雨になっている所がありますが、きょう21日の夕方以降は西日本の広い範囲で雷雨になる可能性があります。
また、関東の内陸部でも雷の発生する確率が高くなっていますので、急な激しい雨や落雷、ひょう、竜巻などの突風にも注意が必要です。

 22日(火)は北陸や北日本で広く雨となりそうです。23日(水)以降は東日本と西日本を中心に晴れて、関東でも夏空が戻ってきます。
気温も高く、35℃前後まで上がる所が多くなりますので、今週は猛暑にも注意が必要です。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:8/21(月) 12:08
ウェザーマップ