ここから本文です

あのレジェンド選手もやっている! 「エリカ様」の打ったらすぐに歩く動きを僕らが真似すべき理由

8/21(月) 16:24配信

みんなのゴルフダイジェスト

2017年の「CATレディース」で首位と3打差の2位と、大会を盛り上げた菊地絵理香プロ。そのプレーを見てみると、打った瞬間に即、歩き出している。普通もっとボールの行方を見守るものだが……。実はこの動き、アマチュアゴルファーが多いに参考にすべきなのだという。その理由は?

打った瞬間に“歩き出せる”フィニッシュが素晴らしい

CATレディース最終日、テレビに映った菊地絵理香の華麗なプレーに目を奪われた人は多いはず。中でも、打った後すぐに歩き出す、そのルーティンが目を引いた。そもそも、打った後すぐに歩き出すのは意外と難しい。フィニッシュでバランスが崩れてしまっては、体勢を立て直すのに時間がかかり、スッと一歩を踏み出せないからだ。

みんなのゴルフダイジェスト編集部員でプロゴルファーの中村修に菊地のこの動作について聞くと、「菊地選手の“歩き出せるフィニッシュ”が素晴らしい」と言う。どういうことか。

「ポイントは腰がしっかり回り切っていて、左足1本で立てるほど、左足に体重が乗っているところです。左足のつま先がインパクト以降でもズレたりせず、しっかりと地面を踏みしめています。そのことによって、スウィングに『左の壁』ができてフォローが大きくなり、入射角やクラブの軌道が安定するなどメリットは計り知れません。また、このように左足にしっかりと体重が乗り切っているからこそ、スッと歩き出せるのです」(中村)

たしかに、アマチュアゴルファーに多い右足に体重の残った“明治の大砲”スウィングでは、このように華麗にスッと踏み出すことはできない。むしろ、打ち終えた後左足が一歩下がってしまう人もいるくらいだ。アマチュアゴルファーが手本にすべきは、菊地のような左足に体重の乗り切ったフィニッシュをとることと言えそう。

では、どうすれば菊地のような美しいフィニッシュをとることができるのだろうか? 再び、中村修に聞いた。

「順番が前後しますが、フィニッシュで一歩踏み出すことを意識するといいんです。フィニッシュをとったら、すぐに右足で歩き出す意識をもってスウィングすると、左足が軸になってクラブがよく振れるようになりますし、結果的に左足に体重の乗ったフィニッシュをとれるようになりますよ」

実は、ゴルフの歴史に6人しかいないグランドスラマーの一人である南アフリカの“黒豹”ゲーリー・プレーヤーも、打ち終えた後に一歩踏み出すことを提唱する一人。そうすることで右足に体重が残らず、左サイドを軸に体重の乗ったボールを打つことができるというわけだ。

「打ったらすぐ歩く」のは、ツアー屈指の美女プロと、歴史に名を刻むレジェンドの意外な共通点だった。フィニッシュで右足に体重が残ってしまう人、バランスが崩れてしまう人は、ぜひ真似してみよう。

みんなのゴルフダイジェスト技術班