ここから本文です

店員と客のやりとり聞き「それは詐欺」…タクシー運転手が通報し客守る 朝霞署が表彰「カード購入で直感」

8/22(火) 10:30配信

埼玉新聞

 電子マネーギフトカードを利用した振り込め詐欺の被害を未然に防止したとして、埼玉県の朝霞署は、朝霞市根岸台1丁目、タクシー運転手近江孝彦さん(72)に感謝状を贈呈した。

 同署などによると、近江さんは7月18日午後、朝霞市根岸台のコンビニエンスストアで買い物をしていた際、市内の無職女性(68)が店員と電子マネーギフトカードの購入を巡るやりとりをしているのを聞き、不審に思って「それは振り込め詐欺」と助言し、店近くで待たせて近くの交番に通報。駆け付けた同署員が女性を説得した。

 女性は同日、「登録料金が未納」などと書かれたインターネットサイト会社を装ったメールが届き、職員をかたる男から「動画の料金が未納。ギフトカードを購入し、カード番号を送って」と要求されていた。

 近江さんは「高齢者がプリペイドカードの購入を申し出ていたので、とっさに詐欺と直感した。一度、店を出て脇に止めたタクシーに乗ったが、女性が脇に止めていた自転車に戻ってきたので声を掛けた。警察から感謝状をもらうのは初めて」と喜んだ。

最終更新:8/22(火) 10:30
埼玉新聞