ここから本文です

ウニオン・ベルリンの内田が会見「スタジアムの中にファンがいればそこで仕事をしたい」

8/23(水) 22:53配信

スポーツ報知

 ドイツ・ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンに移籍した元日本代表DF内田篤人(29)が23日、ベルリン市内で会見した。「(シャルケ04時代の)ケラー監督がすべてで、ここを決めたわけではない」と話し、その上で「1部から2部っていうのも僕の中で抵抗もなく、スタジアムの中にファンがいればそこで仕事をしたいなという(感じ)」と、新天地を求めたことについて触れた。

 会見後は早速、ウニオン・ベルリンの赤と白の縦じまのユニホームに袖を通し、写真撮影に応じた。

 右ひざの負傷で長期離脱していたが、「長い間休みましたけど、そのぶん何か月か、ずっと練習はしてますし、コンディションはいい。シャルケでキャンプをやってきましたし、試合もやってる。早く公式戦に、ブンデスリーガに出たいなっていうのはずっとあった。できるだけ早くピッチに立つっていうのを目標にやっていきたい」と抱負を語っていた。

最終更新:8/23(水) 22:53
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合