ここから本文です

急増する梅毒 温泉でもうつるの?

8/23(水) 6:07配信

BuzzFeed Japan

「梅毒は温泉でもうつるのか」ということが、最近インターネット上で話題になりました。梅毒に限らず、性感染症が日常生活の思わぬところでうつるのではないかという不安はよく聞かれます。どのように考えたらいいのでしょうか。
【寄稿 掘成美・国立国際医療研究センター感染症対策専門職 / BuzzFeed Japan】

私は感染症の対策を仕事にしているため、テレビやネットで感染症がニュースになると、「○○するとうつりますか?」という質問をよく受けます。

「そういえば……」と思い付きでたずねる人もいますが、「過去の『あること』が心配で心配で眠れないほど悩んでます」という相談もきます。

感染症の中でも特にセックスや“性的接触“でうつる性感染症は大変です。日常的な行為なのに、不安になったときに安心できるための、スッキリハッキリ書いてある情報や、相談先を探すのが難しいお題だよなあ、と情報提供する側も思っています(努力が足りないですね。反省)。

先日、インターネットで「梅毒は性行為以外でもうつるのか?」ということが話題になっていました。病院を受診した人が、いつ誰から感染したかよくわからない時に、「セックス以外でも感染しますか?」と医師に質問することは珍しいことではありません。

感染から症状が出るまでの期間(潜伏期間)が長いものでは、このような疑問が生じるのも当然です。

また、自分自身がなったわけではなくても、ニュースを見て「こんなに増えているんだから、もっと違う感染ルートがあるんじゃないか」と思う方がいても不思議ではありません。「いい点に気がついているな!」とさえ思います。

国立感染症研究所の統計によると、今年は7月末までに梅毒の新規感染は3123人となり、昨年同期を上回る勢いで感染者が増えています。今回、話題になっていたのは「サウナや温泉など皆が使う施設で「も」うつる可能性があるのでしょうか?」ということです。

答えは、「感染する可能性はある」です。

1/3ページ

最終更新:8/23(水) 6:07
BuzzFeed Japan