ここから本文です

元世界2位ラドワンスカ 3年連続初戦突破、ブシャールにストレート勝ち<女子テニス>

8/23(水) 17:59配信

tennis365.net

コネチカット・オープン

女子テニスのコネチカット・オープン(アメリカ/ニューヘイブン、ハード、WTAプレミア)は22日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)が主催者推薦で出場のE・ブシャール(カナダ)を6-3, 7-5のストレートで下し、3年連続の初戦突破を果たした。

【元2位ラドワンスカが結婚】

今大会は上位シード勢が1回戦免除のため、2回戦からの登場となったラドワンスカはこの試合、これまで負けたことがないブシャールに対しリターンゲームでポイントを重ねた。ブシャールのダブルフォルトにも助けられ、5度のブレークに成功したラドワンスカは1時間45分で勝利した。

3回戦では、第8シードのペン・シュアイ(中国)と対戦する。シュアイは1回戦でK・シニアコバ(チェコ共和国)を、2回戦でM・ルチッチ=バーロニ(クロアチア)をそれぞれストレートで下しての勝ち上がり。

ラドワンスカは2012年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で準優勝を果たし、同年には世界ランキングを2位まで上昇させた。また、2008年から9年以上にわたり世界ランキングでトップ20を維持している


一方、敗れたブシャールは2014年に世界ランキング5位まで上り詰めたが、怪我の影響もあり、ここ数年は不振が続いている。

tennis365.net

最終更新:8/23(水) 17:59
tennis365.net