ここから本文です

相続ではどんなものを受け継ぐことになる?

8/24(木) 10:10配信

ZUU online

◆ココがポイント!

・相続とはプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も引き継ぐ。
・あとから借金発覚ということのないように、財産の把握は、迅速かつ正確に行う

■相続財産にはマイナスのものもある

相続とは、故人が持っていた権利と義務を配偶者や子どもなどが引き継ぐこと。不動産や預貯金、株式などの財産(プラスの財産)だけでなく、ローンなどの借金や未納の税金など(マイナス財産)があるので注意しましょう。故人の配偶者や子どもなどの親族が引き継ぎます。相続では、故人のことを「被相続人」、財産を引き継ぐ人のことを「相続人」といいます。

このほか、法律上では財産ではありませんが、相続税の手続きの際に財産として計算される「みなし財産」があります

◆親からいくら相続したか

下のグラフは、父親と母親からの遺産額の数値を表している。いずれも200万円未満が一番多いという結果に。

父親からの遺産額 平均 778万円
200万円未満34.2% 200~500万円23.9% 500~1,000万円16.2% 1,000~2,000万円17.9% 2,000~3,000万円2.6% 3,000万円以上5.1%

母親からの遺産額 平均 631万円
200万円未満42.9% 200~500万円16.7% 500~1,000万円21.4% 1,000~2,000万円14.3% 2,000~3,000万円2.4% 3,000万円以上2.4%

出典:第一生命経済研究所

◆知っ得!情報

墓や位牌、仏壇は相続財産ではない
墓や位牌、仏壇は、民法上、相続財産から除外されている。そこで、節税法として、生前にこれらを購入して、現金財産を圧縮するという方法がある。

◆相続財産とは

相続財産は、大きくプラスの財産とマイナスの財産に分けられる。下の表で、届
出の期限やかかる費用について確認しておこう。

プラスの財産
届の種類 / 内容
不動産(土地・建物) / 宅地、農地、山林、原野、牧場、雑種地、借地権、地上権、賃借権、温泉権 など
家屋に関する権利 / 家屋、庭園設備、倉庫、駐車場、借家権 など
金融資産 / 預貯金、現金、株式、債券、投資信託 など
動産 / 貴金属、書画骨董品、自動車、家具 など
無体財産権 / 特許権、著作権、商標権、電話加入権 など
事業・農業用の財産 / 機械、商品、原材料、農産物、牛馬、売掛金 など
その他 / ゴルフ会員権、生命保険の権利、未収配当金、貸付金、未収金、損害賠償請求権 など

マイナスの財産
届の種類 / 内容
借金 / 住宅ローン など
保証債務 / 保証人、連帯保証人の地位 など
税金 / 滞納中の所得税、固定資産税 など
その他 / クレジットカードの未決済分、医療費・入院費の未払い分、買掛金 など

相続財産には含まれないもの
墓、位牌、仏壇 など
*一身専属権
運転免許証、年金請求権、生活保護受給権 など

そのほか
みなし財産 死亡退職金、死亡保険金 など

◆KeyWord

一身専属権
性質上、ある特定の人しか持てない権利のこと。他人が取得することができない権利なので、相続や継承の
対象にはならない。生活保護受給権や扶養請求権、年金請求権などがこれにあたる。

■相続するときの基本の流れを知っておこう

◆ココがポイント!

・マイナス財産が多い場合は相続放棄することも可能。
・遺言書の有無で手続きは変わる。
・相続の開始から相続税の納付まで流れをおさえよう。

◆相続を放棄する場合は3か月以内に手続きしよう

人が亡くなると同時に、その人の持っていた財産や債務を引き継ぐための相続が発生します。その手続きは非常に煩雑で、しかも、期限が定められているものも少なくないため、段取りよく進めていかなければなりません。

まず、相続では、被相続人の持つ財産と負債のすべてを明らかにする必要があります。

プラスの財産が多ければそのまま相続して問題ありませんが、借金などのマイナスの財産が多い場合には、相続開始から3か月以内に相続放棄の手続きをとる必要があります。3か月を超えてから借金が発覚したケースなどでは、相続放棄が認められないこともあるので、しっかり調査するようにしましょう。

また、相続では故人(被相続人)の意思を尊重するため、遺言書の有無を確認する必要があります。遺言書がない場合は、配偶者や子、孫などの法定相続人の話し合いにより、遺産分割協議を進めていきます。遺言書がある場合には、遺言書の内容に従って遺産を分割しますが、その内容に不服があり、遺産分割協議が不合意となった場合には家庭裁判所に申し立てて調停を行うことになります。

こうして遺産分割が行われたあとは、10か月以内に相続税を納付します

◆相続の仕方は3タイプ

相続の仕方には大きく3つのタイプがある。借金などの負債額が大きい場合には、一切を相続しない相続放棄を検討しよう。

単純承認
相続人のプラスの財産とマイナスの財産も含めてすべてを相続する方法。

限定承認
マイナスの財産がプラスを超えない範囲で、相続する方法。

相続放棄
財産の一切を相続しないこと。相続開始を知った日から3か月以内に申し出る。

◆知っ得!情報

自筆遺言書のルールを知ろう
①遺言者の自筆であること(代筆やワープロは不可)、②遺言書作成の日付を入れる、③遺言者が署名押印すること。ひとつでも要件を欠いたら、法的に無効となる。

◆相続の流れ

相続の手続きの手順は、遺言書がある場合とない場合で大きく変わってくる。身内が亡くなった場合は、すぐに遺言書の有無を確認しよう。

◆役立つミニ情報

相続税の「延納」と「物納」について知ろう
相続税が高額になって10か月以内に一括で支払えない場合には、何年かにわたって分割で現金を支払う「延納」と、財産そのもので収める「物納」という方法がある。

(※本記事は『必ず知っておきたいお金の貯め方・使い方オールカラー』(岡崎充輝監修/西東社)より抜粋して制作しています)

最終更新:8/24(木) 10:10
ZUU online