ここから本文です

AKB48・横山由依「夢叶えてくれたのは高速バス」

2017/8/25(金) 12:00配信

Lmaga.jp

大阪の高速バス乗り場を取材し、これからバスで上京する人々に密着したドキュメント・バラエティ『ヒルスパ!〇〇発東京行き』(カンテレ)。その番組にパネラーとして参加したAKB48の横山由依が、自身の体験とともに収録をふり返った。

【写真】茶摘み娘に変身した横山由依と入山杏奈

番組では、これからバスに乗って上京しようとしている人に「一緒にいいですか?」と交渉。途中、上京への想いを聞きながらともに東京を目指し、東京に着いてからも密着している。飛行機や新幹線を利用しない、できない事情とともに、そこに隠された人間ドラマを浮き彫りにしていく。

AKBの研究生候補だった時代、地元の京都から夜行バスで通っていた横山。「2009年の9月にオーディションに合格して、2カ月は毎週末、土曜日と日曜日にレッスンがあったので、金曜の夜にバスに乗って東京に行って、日曜の夜にまたバスに乗って帰ってくるという生活を送っていました。その後、正式に本合格みたいな形になって、東京に引っ越してきました。そのときもバスで行きました!」とコメント。

また、引っ越しの際もバスで上京した理由については、「それまでずっとバスで通っていて、夢を叶えてくれたのは高速バスのおかげもあるのかなという願掛けみたいなところもあって、最後も高速バスにしました」とも。同番組は、8月26日・15時から放送される(関西ローカル)。

最終更新:2017/8/25(金) 21:39
Lmaga.jp