ここから本文です

ブライアン・ジョンソン、ミューズとAC/DCの曲をプレイ

8/28(月) 12:25配信

BARKS

2016年春、聴力の問題によりAC/DCのツアーを離脱したブライアン・ジョンソンが、日曜日(8月27日)英国で開催されたレディング・フェスティバルで、ミューズのヘッドライン・パフォーマンスにゲスト出演した。

◆ブライアン・ジョンソン&ミューズ動画、画像

ミューズはアンコールで、ジョンソンと一緒にステージに登場。フロントマンのマット・ベラミーは「彼が戻ってきた!」と、ジョンソンを紹介したそうだ。そして、バンドは彼をヴォーカルにAC/DCの「Back In Black」をパフォーマンスしたという。終了後、ジョンソンは「ありがとう」と話し、ベラミーとハグを交わした。

AC/DCのツアーを降板した後、ジョンソンがステージに立つのはこれが2度目。彼は5月、英国オックスフォードで開かれたポール・ロジャースの公演に、ロバート・プラントと一緒にゲスト出演した。このときは3人で、モータウン・シンガー、バレット・ストロングの「Money (That's What I Want)」をパフォーマンスした。

AC/DCの曲を歌ったのは、日曜日(27日)がツアー離脱後初だった。

Ako Suzuki

最終更新:8/28(月) 12:25
BARKS