ここから本文です

『翔太とプロレスと。~緩急~』

8/28(月) 11:04配信 有料

バトル・ニュース

 8月。日本中でプロレスが盛り上がってますね。長期欠場中の身ですが何かしら裏方的なお仕事を頂いたりして今月は会場で試合を見る機会が多いです。
もちろん純粋にプロレスを見て楽しんだり感動したりもしてるんですが、どうしてもプレイヤー視点でリング上を見てしまう。技の技術はそりゃあ見ればわかるんでそこにあまり興味はなく、佇まいであったり醸し出す雰囲気、“間”の取り方なんかに目がいきます。
その中でも最近で一番注目してるのが“緩急”なのです。緩急が激しければ激しいほど見ている側の感情も揺れ動かされ会場全体が熱を帯びてくる。逆にずっと一定のペースで試合が進んでいくといくらすごい技や攻防が行われても一時の波で終わってしまう。初めは小さくさざ波のように打ち寄せていたものが試合が終盤になるとビッグウェーブが次々に押し寄せてくる。そんな試合では私も見ていて何度も思わず「おー!!」と声を上げてしまうのです。

 この数週間、その緩急の最たるものを見たのは8月11日ガンバレ☆プロレス板橋大会でのKENSO選手の試合でした。本文:1,517文字 この記事の続きをお読みいただくには、バトル・ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    515円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)