ここから本文です

もんじゅ廃炉進展先か地域振興先か 文科相言明の8月申請困難に

8/29(火) 17:21配信

福井新聞ONLINE

 日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)を巡り、林芳正文部科学相が言明した廃炉計画の「月末の申請」が難しい情勢となっている。地域振興の駆け引きで、計画申請前に地域振興の進展を求めたい福井県や敦賀市など地元側と、財源の確保には廃炉の進展が先決とする国側の主張が平行線をたどっているためだ。

山菜泥棒、不法投棄続発で悲鳴「もう無理や」

 「この内容では、月末なんて無理だ」。今月下旬になって文科省が示した“回答”に、地元関係者はため息を漏らした。西川一誠知事や渕上隆信敦賀市長らが、今月9日の中央要請で求めた地域振興に関し、ほとんど前進が見られなかったという。

 その中央要請の席上、林文科相が「原子力機構は今月末に原子力規制委員会への廃止措置の認可申請を行う準備を進めている」と打ち上げた。機構はそれまで「地元との関係がある」として、提出時期を明言してこなかったにもかかわらず、実施主体の頭越しに所管官庁が突如、期限を切った形。即座に、西川一誠知事、渕上市長とも拙速な展開をけん制した。

 文科省が8月末という「あえて高いハードル」(担当者)を掲げた背景には、同時期に発表する来年度政府予算案の概算要求の存在がある。維持費を含む廃炉関連179億円を要求するため、国民や財務省に対する説得材料が必要とする。加えて地域振興の予算を計上しようとするなら、その前提である廃炉の進展が欠かせないとの立場だ。

 ある関係者は「国家プロジェクトとして廃炉を進めるのだから、もんじゅ限定の地域振興が成り立つ」と明かす。原発の廃炉はもんじゅ以外でも進んでおり、地域振興で内閣官房や経済産業省を巻き込むには、他の立地地域とのさらなる差別化が必要というわけだ。

 一方の地元側は「失われた将来像の回復が先」との立場だ。国が地元の国策への協力を顧みず、唐突に廃炉を決めたことへの不信感が根強い。「地域振興を空手形に終わらせない」(県関係者)というのが課題となっている。


 もんじゅを巡る地域振興の駆け引きは、これまで何度も繰り広げられてきた。エネルギー研究開発拠点化計画への国の関与は、もんじゅの改造工事入りを西川知事が判断する条件の一つとなったほか、北陸新幹線県内延伸を求めるカードになったこともある。

 今回、地元が国に突き付けた要請は14項目。次世代を見据えたエネルギー研究拠点や産業化の育成を目指す項目の一方で、鉄道や道路インフラの整備も目立つ。特に福井~滋賀県境周辺の道路整備に至っては▽敦賀市~高島市間のトンネル▽敦賀市~長浜市間の国道8号バイパス▽美浜町~高島市間の道路▽南越前町~長浜市間の国道365号バイパス▽南越前町~敦賀市間の国道8号バイパス▽敦賀半島東岸部の西浦道路―の6カ所を“フルセット”で詰め込んだ。


 ただ、こうした要請のやり方に、地元関係者の中に「結局、欲しいのは道路や新幹線」「もんじゅカードを使った過去と同じ道をたどっている」といった冷めた見方が少なくないのも事実だ。


 北條正・敦賀市議は、ハード面の要求が目立ち、実現性にも疑問があるとし「国にすれば、福井は結局何がしてほしいのか、となるだろう」と指摘。「アドバルーンを上げるのではなく、地に足を付けたしたたかな交渉が必要だ」と注文した。


概算要求 各省庁が翌年度に実施したい政策の経費や人件費などの見積額を財務省に提出、予算を要求すること。例年8月末をめどに提出する。要求を受けた財務省は各省庁の内容を精査。各省庁と折衝して要求額を絞り込み、12月下旬に翌年度予算の政府案が決まる。

福井新聞社