ここから本文です

韓国がホームで数的優位を生かせずイラン相手にドロー…W杯出場に黄信号

8/31(木) 23:05配信

GOAL

31日、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選第9節が各地で行われ、グループAで2位に付けている韓国はホームでイランを迎え撃った。

美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!総集編【76枚】

この試合で勝利すればロシア行きが決まる韓国だったが、すでに本大会出場を決めているイラン相手に大苦戦。試合は52分にイランが退場者を出し、韓国は数的優位の状態で試合を進めたが、韓国は最後までネットを揺らすことができず、ホームで痛恨のスコアレスドローに終わっている。

一方、A組ではシリアがカタールを3-1で下し、ウズベキスタンがアウェーで中国に0-1で敗れたため、2位韓国(勝ち点14)、3位シリア(勝ち点12)、4位ウズベキスタン(勝ち点12)と、混戦の状態。本大会にストレートインとなる2位通過は9月5日に予定されている最終節で決することになった。

韓国は最終戦、敵地ウズベキスタンで敗れた場合、3位転落が確定する。イランvsシリアの結果次第では4位に落ちる可能性もあるだけに、窮地に立たされている状況となった。

■9月5日のグループA対戦カード(左側がホーム)
ウズベキスタンvs韓国
イランvsシリア
カタールvs中国

Goal編集部

最終更新:8/31(木) 23:05
GOAL