ここから本文です

巨人・村田が攻守に活躍 里崎氏「5回の1点が大きかった」

8/31(木) 10:00配信

ベースボールキング

 巨人の村田修一が打っては5回にタイムリー、守備でも判断の良いプレーでチームを救うなど、攻守にわたる活躍で勝利に貢献した。

 村田は2点リードで迎えた5回二死二塁から、広島先発・大瀬良大地のストレートをレフト前に運ぶタイムリーヒットを放った。このタイムリーに『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた里崎智也氏は「5回に得点を取られて差を縮められたところで、5回裏に村田のレフト前ヒットで奪った1点。あの1点が大きかった」と勝利を大きく近づける一打だったと評価した。

 また守備では、5-2の7回無死一、二塁から菊池涼介の高いバウンドのゴロを、三塁ベースを踏みアウトにすると、そのまま二塁へ送球しダブルプレーを完成させた。里崎氏は「間髪入れずにファーストではなく、セカンドに投げましたから、この判断は素晴らしかった。こういうプレーができるのは、事前に準備をしっかりしているからですね」と状況判断の良さを絶賛。

 村田は9回無死一塁の場面でも、菊池が放った三塁へのゴロを素早く二塁へ送球しアウトにした。「今もセカンドギリギリのプレーでしたけど、捕ってから一連の動作が速かった」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ