ここから本文です

「人生の1ページに『東川町』という思い出」町民モデルが支える写真甲子園

2017/9/9(土) 13:40配信

THE PAGE

 今年の1月、都内で行われたある移住・交流・地域おこしのイベントに行ってきた。およそ300もの地方自治体のブースが並び、わが町の魅力を伝えようと一生懸命PRに力を入れている。

フォト・ジャーナル<町民の心捉えた写真の町 北海道東川町>倉谷清文第7回

 日本全体でも人口減少に転じている中、都市部への人口流出による減少の課題を抱えている自治体が多い。観光で訪れるならまだしも移住となるとそう簡単に決断できることではないだろう。

 しかし、その中でも人口減少を食い止め、増加へと転じさせている自治体がある。そんな町の一つ、北海道のほぼ中央に位置する東川町。その理由はなぜ、魅力はいったいどこにあるのだろうか。

----------

 東川町が進めた「写真の町」の取り組みだが、あまりにもアート的な写真ではなかなか理解はされない。そこでわかりやすく町民に提唱したのが「写真映りのいい町」「写真映りのいい人」を作るということだ。

 1985年(昭和60年)の「写真の町」を宣言。全国の高校写真部、サークルの頂点を競う「写真甲子園(全国高等学校写真選手権)」など、夏には町を挙げての写真のイベントが開催されている。写真甲子園は今年で第24回を迎える。
 
 写真甲子園を通して、“町の人たちがモデル”になる。公開審査会では大きなスクリーンにホームステイ先のご家族、畑でトマトを収穫するお母さん、お店番をする自転車屋さんのおばあちゃんなど東川町の人たちの生き生きとした表情が映し出されていた。

 東川町で長年、豆腐屋を営んでいる宮崎明美さんも写真甲子園の第1回目から、写真のモデルとしてよく登場する一人だ。宮崎さんは言う。「写真甲子園のおかげで高校生だけでなく、“写真”つながりで周りの人も連れて来てくれるでしょ。多くの人たちが東川町に来てくれることで私も元気をもらっているのよ。選手にはみんな優勝してほしいなって思っていますよ」。

 来てくれた高校生には、「人生の一ページに『東川町』という思い出を残して貰えればうれしいですね。」と語ってくれた。

 町は写真映えのする景観づくりのため東川風住宅設計の指針に従い、一定の補助をしている。住民も自ずと環境美化に積極的になり、町の道路沿いにはお花畑が見られるようなところも出てきた。(つづく)

(2017年7、8月撮影・文:倉谷清文)

※この記事はTHE PAGEの写真家・倉谷清文さんの「フォト・ジャーナル<町民の心捉えた写真の町 北海道東川町>倉谷清文第7回」の一部を抜粋しました。

最終更新:2017/9/16(土) 5:52
THE PAGE