ここから本文です

リリ先生のハッピーマネー相談室(5) やっぱり気になる!「ガス自由化」について教えて!

2017/9/1(金) 18:10配信

ファイナンシャルフィールド

質問者は編集部Aの奥さんC子さん。

昨年(2016年)から始まった電気の小売自由化については、熱心に調べていたC子さんですが、この春に、実はガスも自由化されていたことを知りびっくり。

ところがあまり話題になっていないこともあり、自分で調べてもどういうことがイマイチよくわかりません。

そこでC子さん、リリ先生を訪ねることにしました。

「ガス自由化」って、何が良いの?悪いの?メリット・デメリットは?

【C子さん】
――お久しぶりです、リリ先生。今日は「ガス自由化」について教えてもらいに来ました。
電気の自由化のときと違って、何というかあまり話題になっていない気がするのですが、今回のガス自由化もわたしたちの生活にメリットがあることですよね?


【リリ先生】
はい。そう考えてもらっていいと思いますよ。


――やっぱりそうですか!良かった。
じゃ、さっそくですが、ガス自由化がそもそもどういうものか教えていただけますか?


わかりました。
「ガス自由化」についてご説明するためにC子さんにお聞きしたいのですが、C子さんはガスには、主に2つの種類(※1)があるのをご存じですか?


――2つの種類?


はい。ガスには、「LP(プロパン)ガス」と「都市ガス」という2つの種類があるんですね。
LPガスは、ガス会社がガスの入ったボンベを配達してくれる仕組みになっています。実はこのLPガスは、同じ地域の中に複数の業者が入っていて、利用者は業者を自由に選べます。
つまり、すでに自由化状態になっているのですね(※2)。そのため、LPガスは今回のガス自由化の対象ではありません。


――すると、もうひとつの「都市ガス」の方が・・・?


はい。ガス自由化の対象となります。
都市ガスというのは、敷設されているガス管を使って、ガスが供給される仕組みになっています。
都市ガスを供給する会社は全国に約200社あるのですが、これまで利用者は、各地域に割り振られたガス会社からしかガスを買うことができなかったんですね。
それが、今年(2017年)の4月1日から自由化され、地域にかかわらずガス会社を利用できるようになりました。
また新規参入の会社がこのガス管を使って、わたしたちの家庭にガスを届けられるようになったのです。


――なるほど。そうすると、ガス自由化は、わたしたちにはどんなメリットがあるのでしょう?


大きなメリットとしては、ガス会社を選べるようになったことでしょう。
さまざまな会社の料金プランを比べ、よりお得な料金メニューやサービスを提供してくれるガス会社を選べるようになったのです。


――それはうれしいですね!
あ、でも、新しいガス会社に変えたときに、新しくガス管を引かないといけないとか・・・?


いいえ。今あるガス管を使うので、基本的には、新しくガス管を引く必要はありません(※3)。


――これまで都市ガスを使っていた人は、すごく手軽にガス会社を変えることができるわけですね。
かなり興味が出てきましたよ(笑)。
ところでリリ先生は、今はガス会社の“変えどき”だと思いますか?


基本的には今から変えても良いと思います。
これから業者同士の競争が激しくなって、よりお得な料金体系やプランが出てくることも考えられますが、そのときにはまた変更を検討すればいいですしね。


――そうですか!ぜひ今晩にでも調べてみようと思います。
あと、ガス自由化について注意点はありますか?


ガス会社が提示してくるプランでは、ガス代そのものが安くなるものもあれば、ポイント還元によって実質的に価格を下げている場合もあります。
ポイント還元の場合は、還元を受けるための条件をクリアしないと受けられないことがあるので、自分が条件に合うかどうかを見極める必要があります。
またガス会社を名乗るニセ業者が訪問し、嘘の案内をするなどの消費者トラブルも起こっています。業者の言うことを鵜呑みにせず、ご自身でしっかりと内容をチェックしてから契約するようにしましょう。


――気を付けます。リリ先生、今日はありがとうございました!

(※1 正確には、3つめとして、70戸以上の団地などで敷地内に専用の設備を置き、各家庭にガスを届ける「簡易ガス」という仕組みもありますが、本コンテンツでは、理解しやすいよう「主に2つ」と説明しています)

(※2 賃貸の場合は、大家がガス会社を決めることも多く、住居者が選べないケースもあります)

(※3 現在LPガスを使っているご家庭の場合は、ガス管の敷設工事が必要になる場合があります)

1/2ページ