ここから本文です

ムバペがダメ押し弾、フランスが4発快勝…大敗オランダは敗退危機

9/1(金) 12:03配信

SOCCER KING

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第7節が8月31日に行われ、グループAではフランス代表とオランダ代表が対戦した。

 予選6試合を終えて、4勝1分け1敗で勝ち点「13」を記録しているフランス。スウェーデン代表と同勝ち点でグループAの2位につけ、今節では3ポイント差で3位のオランダをホームに迎えた。

 フランスの先発メンバーには、エンゴロ・カンテやポール・ポグバ、キングスレイ・コマン、アントワーヌ・グリーズマン、オリヴィエ・ジルーといった面々が名を連ねた。一方のオランダは、ケヴィン・ストロートマンやウェスレイ・スナイデル、アリエン・ロッベンらが先発出場している。

 均衡を破ったのはホームのフランスだった。14分、グリーズマンがペナルティーエリア手前でボールを持つと、ジルーとのワンツーでエリア内へ。左足シュートで相手GKの股下を冷静に通し、ゴールネットを揺らした。

 前半は1-0で終了。拮抗した展開で推移したが、62分にオランダのストロートマンが2枚目のイエローカードを受けて退場となった。数的優位に立ったフランスが、攻勢をかけてゴールラッシュを見せる。

 まずは73分、右サイドからのクロスを相手DFにクリアされたところにトマ・ルマルが反応。ペナルティーエリア手前から鮮やかな左足ボレーを突き刺した。さらに88分には自陣からのカウンターでグリーズマンが最終ラインの背後へ抜け出し、相手DFを完全に置き去りに。最後はラストパスを受けたルマルが難なく押し込み、3点目を決めた。

 そして後半アディショナルタイムには、途中出場のキリアン・ムバペが敵陣右サイドでボールを持ち、フェイントを交えながらスピードを上げて縦へ突破。右前方へパスを出し、リターンを受けて右足ダイレクトで決めた。

 試合は4-0で終了。フランスが快勝し、勝ち点を「16」に伸ばした。スウェーデンが今節で敗れたため、フランスはグループAの首位に立っている。一方のオランダは勝ち点「10」のままで4位に転落。残り3試合、2位のスウェーデンとは3ポイント差、3位のブルガリア代表とは2ポイント差となっている。

 フランスは次節、9月3日にルクセンブルク代表と対戦。オランダはブルガリアをホームに迎える。

【スコア】
フランス代表 4-0 オランダ代表

【得点者】
1-0 14分 アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表)
2-0 73分 トマ・ルマル(フランス代表)
3-0 88分 トマ・ルマル(フランス代表)
4-0 90+1分 キリアン・ムバペ(フランス代表)

SOCCER KING

最終更新:9/1(金) 12:03
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合