ここから本文です

UEFAがパリ・サンジェルマンの調査開始を発表

9/2(土) 22:45配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 欧州サッカー連盟(UEFA)は、パリ・サンジェルマンがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に違反している可能性があるとして、正式に調査を開始することを発表した。

ネイマール「コウチーニョはとても悲しんでいる」

 今夏、PSGはFCバルセロナからネイマールを2億2200万ユーロ(約290億円)の史上最高額で獲得。さらに移籍市場が閉まる直前の8月31日には、ASモナコから18歳のムバッペを1年間のローン移籍で獲得したが、来年の夏に1億8000万ユーロ(約235億円)の買取オプションを行使するとみられている。

 大型補強を行ったPSGは、FFPの「収入よりも支出が上回ることを禁止する」ルールに違反している可能性があり、UEFAが調査開始する流れとなった。

 このUEFAの発表に対してPSGは次のような声明を出している。「今夏、ファイナンシャル・フェアプレーの規則に従って選手を獲得した我々は、今回のUEFAの発表に驚いている。2017-18シーズンの財政に何ら問題はなく、クラブの信用のためにも、我々が違反していないことを証明する予定だ」

Mundo Deportivo

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合