ここから本文です

「けもフレ」パネルに恋したペンギン 東武動物公園がコラボ終了後に「神対応」

9/4(月) 16:51配信

J-CASTニュース

 2017年9月3日までアニメ「けものフレンズ」とのコラボイベントを展開していた東武動物公園(埼玉県)が、企画の終了後も「ペンギン舎」でのパネル展示を継続することをツイッターで明らかにした。

【写真】「恋している」ようにパネルを見つめるグレープ君

 同園の広報担当者によれば、残るのはペンギン舎の内部に設置されたパネル1枚だけで、他の「けもフレ」関連の展示は4日昼までにすべて撤去したという。いったいなぜ、こうした特別な対応を取ったのか。その理由を、広報担当者に聞くと...。

■ペンギンが「(パネルを)ずっと見続けている」

 今回「存続」が決まったパネルは、ペンギンを擬人化したキャラクター「フルル」のイラストが描かれたもの。東武動物公園と「けもフレ」のコラボ企画が初開催された17年4月から、同じ場所に立ち続けている。

 実は、このパネルがコラボ企画で設置された直後から、インターネット上では、園が飼育する1羽のフンボルトペンギンの「挙動」が大きな注目を集めていた。あるペンギンが、「フルル」のパネルをじっと眺め続け、その近くから離れたくない様子に見えるとして、

  「フルルに恋をしてしまったペンギンがいる」

などと話題になっていたのだ。

 そのペンギンは、21歳でオスの「グレープ」君。左羽に紫色のバンドを付けているのが特徴だ。そんなグレープ君の様子について、パネル設置直後の4月の取材に園の担当者は、

  「(グレープは)パネルに近づいてじっと見ていることが多い」
  「何日間もずっと見続けているのは、グレープだけ」

と話していた。グレープ君の様子が変わったことは、飼育員の間でも「今日もまたパネルの前にいる」「いつまでいるんだろ」などと話題になっていたという。

 実際、東武動物公園側もグレープ君とフルル(のパネル)の関係に着目。園の公式ツイッターでは2人の動向が定期的に報告されているほか、5月20日にはフルル役を演じる声優の築田行子さんが出演するトークイベントも追加で開催していた。

 さらに、6月25日に一度コラボ企画が終了した際にも、第二弾コラボ(7月15日~9月3日まで)の実施を告知すると同時に、フルルのパネル展示は休みなく続けることを伝えていた。

1/2ページ

最終更新:9/4(月) 17:37
J-CASTニュース