ここから本文です

平泉五段(郡山)が初優勝 福島県アマ将棋最強者決定戦

9/4(月) 10:08配信

福島民報

 第38回福島県アマ将棋最強者決定戦は3日、郡山市の小原田地域公民館で行われ、平泉丈志五段(43)=郡山市、会社員=が初優勝に輝いた。
 準優勝は堀井厚太郎四段(26)=福島市、会社員=、3位は尾形裕斗五段(23)=福島市、公務員=、4位は佐川隆一四段(52)=郡山市、自営業=だった。
 県将棋連盟と福島民報社の主催、同連盟郡山支部の主管。40人が出場し予選リーグと決勝トーナメントで競った。決勝は平泉五段が序盤から細かく動いてポイントを稼ぎ、中盤で優位に立った。堀井四段の反撃を的確に受け止め、中盤までのリードを守り切った。上位3人は来年、郡山市で開かれる東北6県将棋大会県代表者決定戦の参加資格を得た。
 二段クラス以下を対象にした新風戦は小島佑斗二段格(12)=福島市、吉井田小6年=が制した。小中学生を含む14人が出場した。

福島民報社

最終更新:9/4(月) 10:52
福島民報