ここから本文です

ジダンがあの“頭突き事件”を振り返る「正当化はしないが、受け入れてほしい」

9/4(月) 16:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

2006年夏の衝撃

寡黙な男にはかつて凶暴な一面が存在した。現役時代に数々のトロフィーを掲げてきた英雄ジネディーヌ・ジダンが、“不名誉な最期”を回想している。

W杯という至高の舞台において、彼の後頭部は良くも悪くも様々なドラマを生み出してきた。“ジダンブランド”を大いに高めた1998年のフランス大会では、決勝戦で圧巻のヘディングゴールを2つ挙げると、ラストダンスとなった2006年ドイツ大会のファイナルでもマルコ・マテラッツィの胸部をよもやの“ヘディング”。イタリア代表DFによる挑発に負け、全世界が見守る中で暴行行為に及んでしまったジダンは、当時を次のように振り返っている。仏『Telefoot』が伝えた。

「私があの行為を誇りに思うことは決してないだろう。多くの若者らの為にもね。ただ、あの出来事も自分のキャリアの一部分であり、人生を構成する要素だ。当然ながらあの振る舞いを正当化はできないが、皆には受け入れてほしいと思っている」

攻撃の要を担っていた男がヘッドバットによってピッチを去り、フランス代表はその後のPK戦に敗北。最後には歓喜するイタリア代表プレイヤーを傍観しなければならなかった。もちろんジダンの退場が勝敗を決定付けた訳ではないが、現役最期の瞬間をあのような形で迎えたことは本人にとっても予期せぬ展開だったに違いない。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報